妊娠線 クリーム いつから塗る

妊娠線予防クリームはいつから塗る?@後悔してからでは遅いです!

このページでは妊娠線予防クリームはいつから塗るのかと、妊娠線のケアで後悔しないための情報をまとめています。

 

妊娠線予防クリームを塗るタイミングや塗り方がわからない・・・

 

妊娠線ケアで失敗したくない!

 

という方はぜひ参考にしてください。


妊娠線予防クリームはいつから塗る?

妊娠がわかったその時から、もしくは妊娠の可能性を感じたら妊娠線予防クリームを塗りはじめましょう。

 

早くから塗り始める方が予防の意味で効果的です。

 

妊娠線はいつごろできやすい?

一般的にお腹が急激に大きく膨らみはじめる妊娠中期、5〜6ヶ月目頃には妊娠線ができやすくなります。

 

但し、妊娠線が表面上にしっかりと表れ自覚するのは、もう少し後の妊娠後期、8〜10ヶ月又は産後が多いようです。

 

また、稀に双子等の妊娠の場合は、妊娠初期2〜3ヶ月前後から妊娠線ができる事もあります。

 

妊娠線予防を始めるのは、いつからが効果的?


妊娠線のケアは、早ければ早いほどいいと思います。

 

妊娠がわかったその時から、または妊娠を感じた時、早めのケアが効果的です。

 

妊娠線ができるのはお腹だけ?

妊娠線はお腹だけにできるのではありません。

 

お腹同様、急激に大きくなるバストや太もも、お尻、二の腕などにも妊娠線(肉割れ)はできることは珍しくありません。

 

後悔しないためにも、気になったら早めにケアされることをおすすめします。

 

では、妊娠線ケアのポイントがわかったところで、おすすめの妊娠線予防クリームをランキングで紹介しますね。


妊娠線予防クリームおすすめランキング

おすすめ妊娠線予防クリーム1位 ベルタマザークリームの特徴

・シラノール誘導体配合

・コエンザイムQ10、へスペリジン配合

・オーガニック原料5種類配合

・葉酸、美容成分3種類、アミノ酸・ビタミン5種類を配合

・国内生産、製造(医薬品製造と同じレベルのGMP認定工場にて製造)

・オールフリー(香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、シリコン、エタノール、紫外線吸収剤)

・ほのかな柑橘系の香り

価格 通常価格は税込み6980円
評価 評価5
備考 定期便なら初回500円、2回目以降は4980円、送料無料
おすすめ妊娠線予防クリーム1位 ベルタマザークリームの総評

シラノール誘導体は、皮膚を引き締めキメを整え潤いを与えるといわれ、再生や弾力性を修復をサポートする作用があります。

また美容成分3種類スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンを配合で肌の再生を強化、保湿、肌のリズムを整えます。

十分な潤い成分が肌の奥に届けられるよう、テクスチャーにもこだわったクリームは、水分と油の黄金比率の独自の配合バランスで作られたローションとオイルのいいとこどり仕様となっています。

より十分な保湿と肌再生のサポートにより妊娠線を作りたくない方におすすめです。

 

おすすめ妊娠線予防クリーム2位 mitete マタニティクリームの特徴

・葉酸配合

・ヘスペリジン配合

・ライマメ種子エキス、ダーマクロレラ、アラントイン配合

・香料、着色料、鉱物油フリー

・国産

・ネロリの香り

価格 単品の通常価格は税抜き2800円
評価 評価4
備考 定期便なら3本セットで6720円(税抜き)、送料無料、ギフト配送あり
おすすめ妊娠線予防クリーム2位 mitete マタニティクリームの総評

葉酸が配合されていることが最大の特徴です。

女性に不足しがちな栄養素の葉酸は肌に塗っても血行を良くし、引き締めをサポートしてくれます。

またヘスペリジン成分も冷えに働きかけるため、血行が悪くなってしまう事を防いで血液を全身にめぐらせることで、妊娠線をできにくくします。

エネルギー消費が気になる方や冷え症の方におすすめです。

 

おすすめ妊娠線予防クリーム3位 ノコア アフターボディトリートメントクリームの特徴

・アフターケア用、高浸透型ビタミンC誘導体ディープリフトCがベース成分
(浸透とは角質層に浸透することを指します)

・EGF、FGF、3つの天然由来エコサート認証成分、他41種のナチュラル成分配合

・オールフリー(界面活性剤、合成香料着色料、パラベン他10のフリー)

・国産(GMP認定工場製造)

・オーガニックネロリの香り (ビターオレンジ花油)

・通話料無料のお客様サポート体制あり

価格 2本セットの定期便が税込み12960円
評価 評価3
備考 送料無料、定期便は1階からでもOK、初回購入なら10日間返金保証
おすすめ妊娠線予防クリーム3位 ノコア アフターボディトリートメントクリームの総評

できてしまった妊娠線、(肉割れ)に塗るアフターケア専用に作られているのが最大の特徴です。

それに伴い独自のビタミンC誘導体、ベース成分をはじめEGF,FGFなど肌のコラーゲンの産生や肌リズムの促進効果を重視した配合になっています。

また3つの天然由来エコサート認証成分は生シア―バター、アボカド、ベントナイト配合の他41種の成分アルガンオイル、バオパブ種子油など。

肌再生のサポートやオーガニックにこだわる方におすすめです。

妊娠線予防クリームはいつまで塗る?

ここでは妊娠線予防クリームをいつまで塗るべきなのか、詳しく紹介します。

 

妊娠線予防クリームは産後も塗るべき?


基本的には産後1〜2ヶ月頃まで、またはできてしまった妊婦線が薄くなり気にならなくなるまで妊娠線予防クリームを塗りましょう。

 

理想としては妊婦線が気にならなくなった後でも、ボディケアとして妊娠線予防クリームを続ける事をおすすめします。

 

というのも、産後お腹の膨らみがなくなり皮膚が収縮し、肌のハリや弾力を取り戻した後でも、一旦膨らんだお腹の皮膚表面は再び伸びやすくデリケートな状態になっています。

 

その為、乾燥などからお肌を守りハリや弾力を保つケアとして妊婦線クリームを塗る事で乾燥による(肉割れ)等をおこしにくく、また2人目、3人目の妊娠時の妊婦線予防の意味でも有効です。

 

産後も妊娠線ケアを続けたほうがいい理由


産後も妊娠線ケアを続けたほうがいい理由ですが、産後は急激にお腹の膨らみがなくなっても、お腹の皮膚表面はそのままのびきった状態です。

 

すぐには元のなめらかな、ハリや弾力のある肌状態には戻りません。

 

それをサポートするよう妊娠線予防クリームなどでケアを続けた方が、より早くなめらかでハリや弾力のある肌が取り戻せ、また維持する為に役立ちます。

妊娠線予防クリームの塗り方

妊娠線予防クリームの塗り方のポイントをご紹介します。

 

量はたっぷり


妊娠線予防クリームはケチらず多めに塗りましょう。

 

皮膚表面から妊娠線予防クリームがなじみ角質層まで浸透する為、多いかなと思う位でちょうどいい量です。

 

お肌に潤いをたっぷり与えてあげましょう。

 

お腹周り全体にムラなく塗るといいですね。

 

お腹以外にも

お腹につづいて妊娠線ができやすい、太もも、お尻、バスト、二の腕などにも妊娠線予防クリームを塗り予防に努めましょう。

 

部位別の塗り方


お腹やバストは力を入れずに優しく、丸く時計回り(右まわり)円をかくようにして塗りましょう。

 

太ももやお尻は下から上に、二の腕はひじから脇にかけて引き上げるようにして塗りましょう。

 

朝と夜に塗る

最低でも朝と夜の1日2回は塗りましょう。

 

特にお風呂上りは乾燥しやすい為、早めに浴室で塗る事がおすすめします。

 

また、乾燥しやすい冬や春先の季節や元々乾燥肌の方は1日に4〜5回、こまめに塗るといいでしょう。

妊娠線予防クリームおすすめの選び方

妊娠線予防クリームおすすめの選び方は次の3つです。

 

注意点もあるので見ていきましょう。

 

肌に合う物を選ぶ


自分の肌にあうものを確認して選びましょう。

 

妊娠中のお肌はホルモンバランスの乱れや乾燥などが起こりやすく、思いのほかデリケートになっています。

 

なので、これまで合っていた物が突然合わなくなる事も珍しくありません。

 

元々肌が弱い、敏感な方はなおさらです。

 

試しに少量を二の腕に塗り丸1日様子を見て、赤みやかゆみ、違和感がないかを確認してから、お腹に使用すると良いでしょう。

 

優しい、癒される香りの物を選ぶ

妊娠中は匂いに対しても敏感になる事が多い為、強い香りのものなどは避け他方がいいですね。

 

自分が心地いいと思える好みの香り、優しくほのかな香りのものを選ぶようにしましょう。

 

また妊娠中はストレスが多くかかるため、、少しでも癒されるよう自然な香りや、天然由来の香りのものを選ぶと良いでしょう。

 

刺激の少ない物、フリーの物を選ぶ


直接肌に塗るもの、ましてお腹の為、ママのお肌の為はもちろん、お腹の赤ちゃんの為にも安全性にはより一層気を配りたいものです。

 

香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、シリコン、エタノール、紫外線吸収剤など不使用のものを選びましょう。

 

妊娠線予防クリーム購入時の注意点

初回割引などの適用は、定期便の数回の継続の必要性や継続回数のしばりがある場合があります。

 

各メーカーの公式サイト等でご確認の上ご購入下さい。

 

1位のベルタマザークリームがおすすめの理由

ここまで、妊娠線予防クリームを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱり1位のベルタマザークリームです。

 

その理由をあげてみました。

 

高品質

肌を引き締めキメを整えるシラノール誘導体はじめ、体の冷えから守りめぐりをよくする葉酸や、潤い栄養を与えるコエンザイムQ10が配合されています。

 

また、コラーゲンの産生や肌リズムを整えるプラセンタなど、厳選された美容成分が他にも沢山配合されており、いたれり尽くせりの贅沢な内容となっています。

 

続けやすい価格


消耗品の為、現実的に続けやすい価格かどうかは重要です。

 

ベルタマザークリームは初回限定1本、500円で試せてその後も定期割引、送料無料で続けやすい事も理由の1つです。

 

安全性の高さ

肌に直接塗るものしかも毎日数回使用するものです。

 

普段でも安全性の高さは大事ですが、赤ちゃんがいるお腹に塗る為一層こだわりたいものです。

 

ベルタマザークリームは香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、シリコン、エタノール、紫外線吸収剤オール不使用。

 

また国産はもちろんのこと、医薬品製造と同じレベルのGMP認定工場にて製造されているため、安全性の高さも文句なしです。

 

安心のサポート体制(アフタ―サービス)


通話料無料のお客様サポート電話があり、出産経験者、妊娠中の社員スタッフが対応してくれます。

 

商品の事はもちろん出産、妊娠中、産後などの悩みに相談できるので安心です。

 

これらの点を考慮して、ベルタマザークリームがダントツの1位ですね!